ISMSのコンセプト

ISMSのコンセプト

情報セキュリティマネジメントシステムであるISMSは、情報の機密守秘と効率的な管理をコンセプトとして形成されています。

ISMSの規格には国政的な標準規格である国際規格(ISO)と日本国内の標準規格である日本工業規格(JIS)があります。

ISMSのセキュリティ認証は第三者に対して信頼性を表すものとして組織の信頼性を表し、昨今の情報化社会にはなくてはならないものとされています。

情報機密への信頼性はそのまま企業への信頼性へと直結するため、個人情報の取り扱いが盛んな近代ではISMSは必要不可欠となっています。

特に顧客情報の取り扱いが多い企業や金融機関などでは個人情報の漏洩は死活問題になるため高いセキュリティとマネジメントシステムを兼ね備えたISMSを採用しています。

また情報機密の保守だけではなく、効率的に情報を管理できる可用性ともISMSを構築する上で求められています。

正しい情報をストレスなく処理できる完全性が組織を効率する上で求められており、機密性と機能性の両立が求められています。

コメントを残す