ISMSのコンセプト

ISMSのコンセプト

情報セキュリティマネジメントシステムであるISMSは、情報の機密守秘と効率的な管理をコンセプトとして形成されています。

ISMSの規格には国政的な標準規格である国際規格(ISO)と日本国内の標準規格である日本工業規格(JIS)があります。

ISMSのセキュリティ認証は第三者に対して信頼性を表すものとして組織の信頼性を表し、昨今の情報化社会にはなくてはならないものとされています。

情報機密への信頼性はそのまま企業への信頼性へと直結するため、個人情報の取り扱いが盛んな近代ではISMSは必要不可欠となっています。

特に顧客情報の取り扱いが多い企業や金融機関などでは個人情報の漏洩は死活問題になるため高いセキュリティとマネジメントシステムを兼ね備えたISMSを採用しています。

また情報機密の保守だけではなく、効率的に情報を管理できる可用性ともISMSを構築する上で求められています。

正しい情報をストレスなく処理できる完全性が組織を効率する上で求められており、機密性と機能性の両立が求められています。

仕事で便利なパソコンソフト

事務職や営業職の方であればまずパソコンを使わないことはないと思いますが、
みなさんお勧めのソフトは何でしょうか?

最近は景気が悪いので、各会社でも徹底したコスト削減をしていることと思います。
そんな中、やはりなんといってもフリーソフトは会社の味方でしょう。

パソコンをウイルスから守るためのセキュリティソフトとしては、
キングソフトを使っているところも多いのではないでしょうか。
多少宣伝が気になりますが、自動で更新もしてくれますし、
宣伝はワンクリックですぐに消えるので
仕事に差し支えるほどではありません(あくまで主観ですが)。

編集ソフトや圧縮解凍ソフトなどもフリーソフトで十分使えるものもあります。
またパソコンに何かトラブルがあった場合の対処法として、
ワークステーションでRaidを組むほど対策にお金をかけられる事業は別ですが、
一般にはそこまでパソコンにお金をかけることもないかと思います。

そんな時に簡単にバックアップを取ってくれるバックアップソフトがあれば、
コストも安くいざという時に
パソコンのデータがとんでしまったという事態はさけられます。

パソコンを買って最初にいれるソフト

パソコンを買って最初にしなければいけないことはいろいろあると思いますが、
まずはさまざまなソフトをインストールして、
自分にとって使いやすいパソコンにすることでしょう。
その中でもウイルスソフト(ウイルス対策ソフト)は必須といっていいでしょう。

各自パソコンの使い方は違うと思いますが、パソコンをネットにつなぐのであれば
必ずいれておきたいところです。
最近ではウイルス対策用の無料ソフトでもけっこういいものがでているので、
有償(有料)のものを購入する前に一度は見ておいて損はないと思います。

無料のものだと不安な方で、もし有償のものを購入する場合でも、
価格.comで安いものを調べてみてもいいかもしれません。
次にパソコンを仕事で使う方は、圧縮ソフトと解凍ソフトも必須でしょう。

書類や画像、動画のやりとりに大変便利です。
特にメールに添付するときなどは大活躍です。
あとは家庭で撮ったビデオなどを編集するのであれば動画編集ソフトや、
動画再生ソフトを好みでいれておけばいいと思います。