茨城のお葬式の風習

茨城のお葬式の風習

茨城県には様々な風習やしきたりがあります。
茨城県は東京都と同じ関東に属しているからといって、その風習やしきたりはぜんぜん異なるのです。

その中でもお葬式の風習には非常に独特なものがあります。
お葬式の風習は全国様々ですので、確かに独特な風習があったとしてもぜんぜん不思議ではありません。

茨城県のお葬式の独特の風習としては、「撒き銭」というものがあります。
どのようなものであるかというと、出棺の際に遺族が参列者に向かって小銭を投げるというものです。
初めて、経験する人は驚きを隠せないことでしょう。

なぜ、遺族がこのような行動をするのでしょうか。
この撒き銭は非常に縁起が良いと考えられているのです。
諸説ありますが、参列者がその小銭を拾って持ち帰ることで、故人の寿命にあやかって長生きできると考えられているのです。

また、最近ではキャラメルなどのお菓子で代用されるということもあるようです。

お葬式にはいろいろな風習があるのですね。

This entry was posted in 地域.

教習所の合宿が、通学よりも安いわけ

教習所の合宿が、通学よりも安いわけ

教習所の合宿が、通学よりも安いわけ

教習所の合宿は、2週間以上も宿泊をするのに
なぜ通学よりも安いのが不思議に思いませんか?

その理由は、合宿教習所が地方にあることがほどんどだからです。
地方は人が少ないので、都心に比べると普段から生徒の人数が少ないのです。

そのため、教習所は、生徒をたくさん集める必要があります。

生徒をまとめて確保することで、人件費や設備費を押さえることができるのです。

例えば、通学の場合は、予約制なので当日キャンセルなどで穴が開いてしまうことがありますが合宿の場合、もともとスケジュールを組み込んでいくので、時間的に穴が開かないようにスケジューリングしているのです。

また、送迎バスは、通学の場合は、いろんな方面へ行かないといけないため
何台か確保しているのが通常です。
合宿の場合は、合宿施設と教習所の移動なので、1台で済むのです。

そうは言っても、地方の教習所は、人を集めるために合宿の料金をかなり抑えています。

値段で決める生徒が多いので、どうしても料金合戦になってしまうのです。
それでも最近は、高くてもいいから合宿所よりきれいなビジネスホテルがよいとか相部屋より個室がいいと言う人もいますので、条件によっては通学よりも高くなる場合もあるのです。

This entry was posted in .

狭小住宅の隠れたメリット

狭小住宅の隠れたメリット

狭小住宅は都心の立地条件の良い場所に、安価で建てられるところにメリットがあると言われていますが、実はもう一つ、住んでみて初めて分かる、主婦には非常にありがたい隠れたメリットがあります。
そう、お掃除がしやすいということです。

お掃除は主婦の日課のようなものですが、住む家によってはやっかいなものですよね。
特に広くて物が多い家、間取りが悪く家事をするのに効率の悪い家などはそれだけでお掃除の時間や手間を倍にしてしまいます。

ところが狭小住宅の場合、まずその名の通り面積がせまいので、お掃除しなければならない区画が小さくて済みます。

しかも建築家によって綿密に設計された間取りであるため、家事をする時にも無駄な動きを最小限に抑えることができ、効率よくお掃除をすることができます。
更に狭小住宅は、もともと狭い家を広く使えるように様々な工夫がなされているめ、例えば収納スペースなども工夫されています。

これによって余計な家具を置かないで良いように作られていて、それだけお掃除の手間が省けるわけです。

意外に見過ごされがちな、狭小住宅ならではのメリットですね。

This entry was posted in 建物.